単体考察 チョッキガオガエン その2

遂に威嚇ガオガエンが解禁されたので以前書いた記事を見て「こここうした方がいいかな」って思ったことがあったので書こうと思います

以前の記事はこちら

feat-mgm.hatenablog.jp

 

今回考察するガオガエンはこの型

ガオガエン@突撃チョッキ 威嚇 意地っ張り

191(164)-176(196)-112(12)-×-124(108)-84(28)

技構成はフレアドライブ+DDラリアット+猫騙し+何か

 

物理耐久指数(威嚇込み)32088

特殊耐久指数(チョッキ込み)35526

H 16n-1

A  11n

S 麻痺後100族抜き 無振りテッカグヤ抜き抜き抜き

残りDを偶数になるまで振り残りをB振った

 

前回の記事ではSを無振りハッサム抜きにしたと書いたが、最近のハッサムはほぼメガ進化しその調整は微妙だと感じたのでSを落としもう少しDに振る形となった

技構成は前回の記事に書いた通りである

フレアドライブ…確定技。炎物理のメインウエポンといえばコレ比較的高い耐久を削るので無闇に連発するのは禁物

DDラリアット…確定技。能力変化無視の専用技。悪物理は他には叩き落とすがあるが、Zクリスタルやメガストーンを持つポケモンが多い現環境ではDDラリアットの採用がよいと思う

猫騙し…確定技。便利な襷潰しの先制技

地震…選択技。ミラーや役割対象であるカプコケコやヒードランに対する遂行技

馬鹿力…選択技。バンギラスに刺さる技H252メガバンギラスを乱数1

雷パンチ…選択技。マリルリギャラドスに撃つ技しかし、ギャラドスは上から地震を打たれるし威嚇入った後の雷パンではASギャラですら確2なのであまり必要ないと思われる

剣の舞…選択技。微妙な火力を上げる技。しかし後手になりやすいSもあり微妙だと思う

各技の与ダメージ計算は前回の記事を見てください

被ダメージ計算(特殊) 最大HP191

C147コケコのエレキフィールド下10万ボルト ダメージ60~72 

C147コケコのエレキフィールド下10万ボルトZ ダメージ118~139 

C200テテフのムーンフォース ダメージ58~69 

C179アーゴヨンの流星群 ダメージ72~85

C179アーゴヨンの流星群Z ダメージ106~126

C222メガゲンガーのヘドロ爆弾 ダメージ61~73

C161ペリッパーの雨下ハイドロポンプ ダメージ162~192 乱数1発(6.3%)

C155ゲッコウガハイドロポンプ ダメージ104~126

激流発動時のC155ゲッコウガハイドロポンプ ダメージ156~186

 

被ダメージ計算(物理)※威嚇が入りA-1ランクでの計算 最大HP191

A216ランドロス地震 ダメージ146~174

A165ランドロス地震 ダメージ114~134

A197メガメタグロス地震 ダメージ90~106

A156ミミッキュミミッキュZ ダメージ100~118

A156ミミッキュのじゃれつく ダメージ48~57

A200メガリザードンX地震 ダメージ90~108

A200メガリザードンXの逆鱗 ダメージ105~124

A233メガバシャーモの飛び膝蹴り ダメージ 204~242

A172メガクチートのじゃれつく ダメージ103~123

 

威嚇ガオガエンは非常に耐久があり、また耐性も悪くないので非常に活躍できるポケモンだと思っています。ぜひ使ってみてください

ここまで読んでいただきありがとうございました